top of page
  • 執筆者の写真ANRI KATSUKI

2021年末に彫刻設置した話

2021年の12月中旬あたりに巨大彫刻の依頼がありました。

決定したのが同年夏のことでしたが、その時すでに展示が3つ決まっておりまして、

かなりスケジュールが大変なことになりましたが、それでも期日になんとか間に合いました。

大学でのスケジュール管理頑張っていたのが、それが今も生きています…


彫刻設置で意識したこと


・オフィスのエントランスに吊りたいということで、重量を抑える

・頭上にくるので圧迫感を無くす

・巨大なスペースを埋める


とっても大変でした…

まず彫刻といえば重力のことを考えてバランスを取るのですが、

まさかの吊りで設置したいという依頼でしたので、別な意味で重力のことを考えないといけませんでした…

確かに床に置いていると邪魔になるのでいい考えなのですが、

万が一地震などで落ちて下にいる人に何かあったらと思うと安心して生きていける気がしなく……

しかしGOサインが出てしまったのでやるっきゃなくなりました。


できるだけ軽く、それでいて強く、しなやかに、美しく……

そんなこんなで出来上がったのがこの吊り彫刻でした。



足場を組み立てるだけで何時間もかかり、ワイヤーに作品を通してバランスを取ったりが非常に大変で、

物凄く時間がかかる設置でした。作家は無力でした。本当に設置してくださった方達には頭が上がりません…

申し訳なさすぎてかなり落ち込みました。

もちろん私が心配しまくっていた安全面については物凄く考えておられたので、心配も虚しいくらいにありがとうございましたでした。


色々ありましたが思っていた通りに設置されたものを見て報われる思いでした。

自然光がたくさん入る場所なので、今度はお昼にも見てみたいな〜〜〜


なお場所などについては非公開です




勝木杏吏


閲覧数:193回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page